いろいろ使える、教育ローン

教育費というと、具体的に何に使う費用でしょうか。もちろん子供の教育にかかる費用です。ですが、一言で教育費といっても、その使用目的は様々ですね。授業料、入学金、教科書代、塾や習い事などなど。とにかく子ども一人を育て上げるにはお金がかかります。親として頭を悩ます大きな問題です。
教育ローンとは、そんな教育費の問題を少しでも解消できるようにと設けられたものです。また、教育ローンは、入学金や授業料にしか利用できないものではなく、受験料や予備校費用など、いろいろな使用目的で使うことが出来ます。教育ローンは、国や銀行、郵便局、JAなど様々な金融機関が取り扱っています。それぞれに金利が違ったり、申し込み条件が違ったりします。よく比較検討して目的にあった教育ローンを選びましょう。

民間の教育ローンならお受験にも対応

国の教育ローンは金利は低く固定金利なので、条件さえ合えば利用するに越したことはありません。しかしながら、収入制限等で利用できない場合もあります。また、高校以上でないと利用ができません。

また、幼少期からのお受験がメジャーになりつつある昨今。国の教育ローンでは間に合わないといった場合、うまく利用したいのが民間の金融機関が取扱っている教育ローンです。

民間の教育ローンは公的な教育ローンに比べ、金利は高くなりますが、融資条件のハードルが低い分、利用しやすくなります。融資金額や条件は各金融機関によって異なりますが、小学校や幼稚園から利用できるということが民間の教育ローンの大きな特徴です。

融資限度額が300万〜500万円くらいと高めに設定されていたり、お子さんが社会人になったときに残りの返済を引継ぐシステムが用意されていたりします。

高めの金利はネックになってきますが、受験シーズンになると金利優遇キャンペーンを行う金融機関が多くあるので要チェックでしょう。また、不動産担保など、有担保型の教育ローンなら、その分金利は低めに抑えることもできます。

民間の教育ローンは金融機関によって、それぞれに特徴があり条件もさまざまです。金利は固定か変動か、返済期間はどれくらいか、繰上返済は可能かなど、事前に調べておきたい項目です。

かわいいお子さんのため、ついついがんばりすぎてしまいがちですが、何より大切なのは、自分たちの返済能力を再確認した上で利用するということも忘れずにおきたいところです。
posted by roan at 00:34 | 教育ローン基礎知識

入学金一括払いの前に老後資金も考える

大学へ進学される年齢のお子さんをお持ちの親御さんは、いわゆる「働き盛り」の年代の方が多いと思います。収入もピークに達している時期といえるかもしれません。子どものため、大学進学に蓄えているまとまった資金もあることでしょう。

教育ローンに頼らなくてもいいようにコツコツ貯めてきたからと、なんのためらいもなく入学金一括払いに使ってしまうその前に考えておくことがあります。

それは、そろそろ老後のことについての計画もしなければいけない時期にも達してきているということです。

今、世間を騒がせているのが「年金問題」。
年金がもらえるかどうか、という問題以前の管理体制が危ぶまれているこのご時勢です。

そして、「景気の後退」。会社のために身を粉にして働いても、退職金は減る一方。

自分たちが老後を迎える将来、今よりは信頼できる国や会社になっていて欲しいという希望はあるものの、これはあまりあてにはできないかもしれません。

となると、老後の資金はある程度自分たちで、という覚悟と準備も必要になってくるわけです。

大金である大学資金を現金でポンと支払ってしまえば、親としての役目を果たした達成感はありますが、現金は残らないのです。

現金で準備できるのだから、と教育ローンには頼らないのも一つの方法ですが、教育ローンは超低金利です。そしてこの時期にしか使えません。

万が一、老後に資金不足になっても、低金利の「老後ローン」などというものは存在しないわけです。

それなら、学費の一部は教育ローンという手段を使って、現金をある程度手元に残しておくのも一考の価値有りでしょう。

お子様の進学を機に、今一度家族の将来計画を話し合われてもよいのかもしれません。

【PR】貯蓄より投資へ。超円高でFX口座開設が急増中だとか。リスクを少なくFXを始めるなら1000通貨取引できるFX業者を選びましょう。
おすすめはこちら→1000通貨で取引できるFX業者比較
posted by roan at 01:07 | 教育ローン基礎知識

教育ローンは低金利のものを選ぼう

子供の教育費は家計に重くのしかかります。子供の進学先によっては、家族のライフプランの変更を余儀なくされることもるわけです。子供の大学卒業までの学費を乗り切るために、教育ローンも賢く利用しましょう。

教育ローンを利用する際、気になるのは金利です。なるべく低金利で、また固定型金利の方が安心です。まず第一は、「国の教育ローン」でしょう。

国の教育ローン」は固定型金利で、しかも金利は年2.5%と低金利です。(平成19年12月現在)一年中いつでも申し込みができるので、受験前に受験費用を借りることも可能です。

低金利で融資を受けることができる「国の教育ローン」には教育一般貸付郵貯貸付年金教育貸付と3つの教育ローンがあります。

教育一般貸付」は旧国民生活金融公庫(現在は日本政策金融公庫の中の国民生活事業)で取り扱っています。

教育一般貸付の融資を受けるには以下の条件があります。
年収が税込み990万円以下であること(自営業の方は770万円であること)です。年齢についての条件は特にありません。

融資の対象となる学校は、高校以上のほとんどの学校で、外国の学校でも高校以上でしたら大丈夫です。高校以下の学費には利用できません。借入限度額は生徒1人につき最大200万円、返済期間は10年以内です。担保は必要あるませんが連帯保証人、またはいない場合、財団法人教育資金融資保証基金の保証を受けることになります。その場合、返済額に年1.0%の金額が上乗せされます。

郵貯貸付」は、全国のゆうちょ銀行で取り扱っている教育ローンです。
郵貯貸付の融資を受けるには、教育積立郵便貯金をしていることと、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構のあっせんを受けられることが条件です。年間給与の上限はありません。融資金額は、積立金の積立額以内となっており、生徒1人につき最大200万円です。

年金教育貸付」は、独立行政法人 福祉医療機構が取り扱っている教育ローンです。
年金教育貸付の融資を受けるには、厚生年金保険または国民年金の加入期間が10年以上の被保険者であり、独立行政法人福祉医療機構のあっせんを受けられることが条件になっています。それ以外の融資の条件等は、教育一般貸付と同じです。

融資金額は、厚生年金保険の被保険者は生徒1人につき100万円以内で、国民年金保険の被保険者は生徒1人につき50万円以内と他の教育ローンとくらべると、かなり少額になります。

融資金額が足りない場合は、民間の教育ローンと併用することも可能です。

なお、貸付条件等については変更される場合もあるので、各機関でご確認ください。
posted by roan at 23:00 | 国の教育ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。