入学金一括払いの前に老後資金も考える

大学へ進学される年齢のお子さんをお持ちの親御さんは、いわゆる「働き盛り」の年代の方が多いと思います。収入もピークに達している時期といえるかもしれません。子どものため、大学進学に蓄えているまとまった資金もあることでしょう。

教育ローンに頼らなくてもいいようにコツコツ貯めてきたからと、なんのためらいもなく入学金一括払いに使ってしまうその前に考えておくことがあります。

それは、そろそろ老後のことについての計画もしなければいけない時期にも達してきているということです。

今、世間を騒がせているのが「年金問題」。
年金がもらえるかどうか、という問題以前の管理体制が危ぶまれているこのご時勢です。

そして、「景気の後退」。会社のために身を粉にして働いても、退職金は減る一方。

自分たちが老後を迎える将来、今よりは信頼できる国や会社になっていて欲しいという希望はあるものの、これはあまりあてにはできないかもしれません。

となると、老後の資金はある程度自分たちで、という覚悟と準備も必要になってくるわけです。

大金である大学資金を現金でポンと支払ってしまえば、親としての役目を果たした達成感はありますが、現金は残らないのです。

現金で準備できるのだから、と教育ローンには頼らないのも一つの方法ですが、教育ローンは超低金利です。そしてこの時期にしか使えません。

万が一、老後に資金不足になっても、低金利の「老後ローン」などというものは存在しないわけです。

それなら、学費の一部は教育ローンという手段を使って、現金をある程度手元に残しておくのも一考の価値有りでしょう。

お子様の進学を機に、今一度家族の将来計画を話し合われてもよいのかもしれません。

【PR】貯蓄より投資へ。超円高でFX口座開設が急増中だとか。リスクを少なくFXを始めるなら1000通貨取引できるFX業者を選びましょう。
おすすめはこちら→1000通貨で取引できるFX業者比較
posted by roan at 01:07 | 教育ローン基礎知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。