民間の教育ローンならお受験にも対応

国の教育ローンは金利は低く固定金利なので、条件さえ合えば利用するに越したことはありません。しかしながら、収入制限等で利用できない場合もあります。また、高校以上でないと利用ができません。

また、幼少期からのお受験がメジャーになりつつある昨今。国の教育ローンでは間に合わないといった場合、うまく利用したいのが民間の金融機関が取扱っている教育ローンです。

民間の教育ローンは公的な教育ローンに比べ、金利は高くなりますが、融資条件のハードルが低い分、利用しやすくなります。融資金額や条件は各金融機関によって異なりますが、小学校や幼稚園から利用できるということが民間の教育ローンの大きな特徴です。

融資限度額が300万〜500万円くらいと高めに設定されていたり、お子さんが社会人になったときに残りの返済を引継ぐシステムが用意されていたりします。

高めの金利はネックになってきますが、受験シーズンになると金利優遇キャンペーンを行う金融機関が多くあるので要チェックでしょう。また、不動産担保など、有担保型の教育ローンなら、その分金利は低めに抑えることもできます。

民間の教育ローンは金融機関によって、それぞれに特徴があり条件もさまざまです。金利は固定か変動か、返済期間はどれくらいか、繰上返済は可能かなど、事前に調べておきたい項目です。

かわいいお子さんのため、ついついがんばりすぎてしまいがちですが、何より大切なのは、自分たちの返済能力を再確認した上で利用するということも忘れずにおきたいところです。
posted by roan at 00:34 | 教育ローン基礎知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。