教育ローン比較のポイントを押さえましょう

教育ローンを考えた時、まず最初に浮かぶのが公的機関が扱う教育ローンとなりますが、公的機関の場合、融資条件に当てはまらなかったり、融資金額が足りないということがあります。ですので、まず公的機関教育ローンをあたった後、民間教育ローンを比較検討しましょう。教育ローンは、現在利用されている銀行、またはそれ以外の銀行や信用金庫、JAバンクなどでも扱っています。また、会社で労働組合に加入しているのでしたら、労働金庫(ろうきん)の教育ローンが利用できます。

民間教育ローンを比較するポイントは第一に金利ですね。銀行などの金融機関では、春の入学シーズンなどに金利優遇キャンペーンを行っている場合があります。また、返済する額は固定金利を選ぶか、変動金利を選ぶかでかなり変わります。選ぶなら固定金利がおすすめです。変動金利の場合、固定金利よりも安く設定されていますが、将来の経済情勢によって返済額が大きくなってしまう可能性もあります。安心なのは固定金利のほうですね。また、教育ローンは無担保型がほとんどですが、不動産担保型というものもあります。金利は低いですが手続きに時間がかかります。急ぎの場合には不向きです。

教育ローンの返済方法は、在学中に金利を返済し、元金返済は卒業後というものがほとんどのようです。つまり、在学中は親が金利を返済し、卒業後は本人が働いて元金を返済するというもので、これなら親の老後資金の心配もしなくて良くなりますね。教育ローンの最長借入期間はだいたい10年、借入上限額は300万円程度までです。銀行系の教育ローンでは、繰上返済が可能な場合も多いようです。返済を何年で終わらせるか、事前にしっかりとした計画を建てましょう。
posted by roan at 01:07 | 教育ローン基礎知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。