教育ローンと奨学金

教育費を家計でまかなえない場合に、教育ローンが選択肢のひとつとして考え付くわけですが、もう一つの選択肢として奨学金があります。教育ローンは、ローンである以上利息をつけて返済していくものです。

では、奨学金とはどういったものでしょうか。奨学金というと、どこかの団体が学費を免除してくれる制度のようなイメージがあります。しかし、一口に奨学金といっても多種多様なのです。各自治体など公的なものから、民間企業が運営しているもの、学校が独自で設けているものなどをあわせれば、3000以上の奨学金制度があるそうです。

奨学金制度で有名なところは、日本学生支援機構奨学金制度です。日本学生支援機構では、無利子の第一種奨学金と、利息付の第二種奨学金の二つの制度を設けています。いずれも経済的に困難である、ということが基準になりますが、第一種の方が学力に関する基準が高くなっています。ただし、どちらの奨学金も返済の義務はあります。

学費を免除してくれる奨学金制度もあります。それは学校です。ただし成績が優秀であることが条件となっています。つまり、成績優秀な学生が在籍してくれることで学校にもプラスになるというわけです。学費は学校側で負担しますから是非我が校に、というわけですね。ただこれはすべての学校というわけではありあせん。事前に調べておく必要がありますし、まずはトップクラスの成績が必要となるでしょう。少なくとも高校3年間優秀な成績を修め続けていなければなりません。

いずれにしても、奨学金制度は教育ローンより金利負担は少なくなりそうです。こちらも検討すべき教育費捻出法となりますね。
posted by roan at 02:44 | 教育ローン基礎知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。