信用金庫の教育ローン

公的な教育ローンが利用できない場合、銀行など他の金融機関ということになりますが、大手銀行だけで無く、信用金庫にも教育ローンはあります。信用金庫は地域性があって、大手よりも身近な感じがします。融資は原則として会員に限定となりますが、会員以外が利用できないというわけではありません。

各地の信用金庫によって、金利融資条件が変わります。受験や入学シーズンには、金利優遇キャンペーンなどを行っている所も多く、これを上手く利用すると安く借りることができます。店頭のポスターや広告をチェックしておきましょう。信用金庫の場合も他の大手と同じく、金利は変動性のものがほとんどでしょう。

埼玉県信用金庫を例にすると、平成19年10月1日から平成20年4月30日までの期間に教育ローンを申し込むと、店頭表示金利より年2.4%の優遇金利で融資を受けることができます。

店頭金利は、平成19年12月現在で年5.250%ですが、ここから2.4%優遇されるので、実質2.850%になります。この差は結構大きいですね。年2回、金利が見直される変動型金利で融資金額は1万円単位で1万円以上500万円まで。融資機関は6ヶ月単位で10年以内です。卒業予定月まで、金利返済のみにし、元金返済を据え置くことができます。担保と保証人は不要です。

埼玉県信用金庫融資条件は以下の通りです。(信用金庫によって違います)
・満20歳以上の方
・勤続年数(営業年数)が2年以上の方で、安定した収入が継続して見込める方
・社団法人しんきん保証基金の保証が受けられる方
・信用金庫の会員になれる方

なお、融資金は入学金や授業料、教材費、下宿代以外にも、受験費用や受験旅費にも使うことができます。
posted by roan at 14:05 | 銀行の教育ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。