学資保険と教育ローン

最近は少子化傾向がますます強くなってきていますが、少子化といっても子供の教育にお金が家計の上で大きな負担となっています。むしろ、一人の子供により教育の為のお金をかけようということなのかもしれません。

子供に掛かる費用のうち、最もウエイトの高い教育費ですが、この教育費は年々増える一方で、これから先、各家庭の家計を圧迫することが予想されます。幼稚園、小学校、中学校、高校、大学とすべて公立に通ったとしても、1人1000万円以上、私立に通えば3000万円ともいわれています。

子供が私立の学校に行きたいとか、留学したいということになったら、もう家計を切りつめるだけでは追いつかないでしょう。現実、サラリーマン家庭の収入は増えてはいないそうです。でも、なんとか子供の将来のために、大学進学までの費用はなんとか用意したいものです。

教育ローンを借りるという方法もありますが、学資保険というものがあります。学資保険は各保険会社や郵便局で扱っています。学資保険は毎月の積み立てをしながら、保険でもあるという貯蓄型の保険です。子供の進学時期に合わせて祝い金などが支払われるなど、家計に嬉しいこともあります。保険なので保護者と子供の両方の保障がついています。

このように、学資保険は、貯蓄と保障の目的と両方につかえますが、残念ながら現在では低金利で、それほどの貯蓄にはなりません。メリットは大きいですが、デメリットもあります。メリットとしては、いざという時の保証になり、また、確実に貯蓄できるという点でしょう。デメリットとしては、将来の受け取り金額が決まっているので、その時の経済状況に対応した金額でないことがあるということが上げられます。ただ、商品によって戻ってくる額が変わりますので、いろいろ比較して検討してみましょう。

確実に貯まる学資保険ですが、それでも教育費が足りない場合は、教育ローンを利用するなど方法はあります。大学入学時の奨学金を利用するのも良いでしょう。国の教育ローンの利用は高校以上からですが、銀行など民間の教育ローンは幼稚園から利用が可能なものがあります。

学資保険と教育ローン、そして家計のやりくり、うまく組み合わせて子供の教育費の準備はしておきたいものです。
posted by roan at 17:11 | 教育ローン基礎知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。