みずほ銀行の教育ローン

日本の3大メガバンクの1つでもある、みずほ銀行教育ローンをご紹介します。みずほ銀行教育ローンは無担保型です。

みずほ銀行教育ローンの借り入れ条件は、以下の通りです。

・借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、完済時の年齢が満71歳未満
・勤続年数(営業年数)が2年以上
・前年度税込年収(個人事業主は申告所得)が200万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方


みずほ銀行教育ローン融資金額は1万円単位で10万円から300万円以内、融資期間は6ヶ月以上10年以内です。返済方法は元利金等返済ですが、ボーナス併用返済も可能で、また、在学中に金利のみを支払う、元金返済を据え置きもできます。保証人は不要ですが、みずほ銀行所定の保証会社の保証が必要です。

金利は、変動金利方式と固定金利方式から選択できますが、変動金利の金利は、毎年4月1日と10月1日のみずほ銀行所定の短期プライムレートを基準として、年2回見直しを行います。ちなみに、2007年12月で変動金利方式は5.275%、固定金利方式の金利は6.600%です。

みずほ銀行では、2007年12月3日から2008年5月30日まで、みずほ銀行教育ローンの金利優遇キャンペーンをしています。この期間中に無担保型教育ローンの借り入れをした場合、優遇金利が利用できるので、少しでも安く借りるなら、この期間に申し込むのがベストです。店頭表示金利より、年1.5%優遇になります。

みずほ銀行教育ローンには、不動産担保型も用意されています。
不動産担保型は、自宅を担保に1年単位で1年以上最長25年、1万円単位で50万円から3,000万円まで借り入れができます。この場合、みずほ銀行所定の団体信用生命保険への加入と、保証会社の保証を受けることが必要です。なお、不動産担保型は金利優遇キャンペーンの対象外となっています。
posted by roan at 16:19 | 銀行の教育ローン

三菱東京UFJ銀行の教育ローン

三菱東京UFJ銀行教育ローンは、幼稚園から利用できるので早いうちから教育資金を用意することができます。三菱東京UFJ銀行教育ローンは無担保型です。

三菱東京UFJ銀行教育ローン融資条件は、以下のとおりです。

・借入時の年齢が満20歳以上で、完済時の年齢が満70歳以下
・勤続年数(自営の場合は営業年数)1年以上
・前年度税込年収(個人事業主は申告所得)が200万円以上
・三菱東京UFJ銀行所定の保証会社の保証を受けられる
・団体信用生命保険に加入できる方(保険料は銀行負担)


融資金額は1万円単位で、10万円から300万円以内、融資期間は、6ヶ月単位で1年以上10年以内です。子供の在学中は金利のみを支払い、元金返済を据え置くこともできます。保証人は不要で、金利は変動金利方式と固定金利方式から選べます。返済方法は元利金等返済ですが、ボーナス併用返済も可能です。

ちなみに、2007年12月中の借入分は、変動金利方式は4.875%、固定金利方式の金利は6.625%です。変動金利の金利は、毎年4月1日と10月1日の三菱東京UFJ銀行所定の短期プライムレートを基準として、年2回見直しを行います。返済が短期で済むなら変動型、長期にわたるなら固定型がいいかもしれません。

子供に掛かる大学までの教育費は1人1,000万円ともいわれています。早いうちに資金を貯める必要がありますね。家計から捻出できれば良いですが、限られた収入の中では限度があります。そこで教育ローンということになるわけですが、まずは国の公的ローンや奨学金制度の利用を考えましょう。できれば金利は安いほうがいいですしね。銀行教育ローンは、公的ローンが条件的に無理な場合に検討するのがよいかと思われます。
posted by roan at 15:03 | 銀行の教育ローン

信用金庫の教育ローン

公的な教育ローンが利用できない場合、銀行など他の金融機関ということになりますが、大手銀行だけで無く、信用金庫にも教育ローンはあります。信用金庫は地域性があって、大手よりも身近な感じがします。融資は原則として会員に限定となりますが、会員以外が利用できないというわけではありません。

各地の信用金庫によって、金利融資条件が変わります。受験や入学シーズンには、金利優遇キャンペーンなどを行っている所も多く、これを上手く利用すると安く借りることができます。店頭のポスターや広告をチェックしておきましょう。信用金庫の場合も他の大手と同じく、金利は変動性のものがほとんどでしょう。

埼玉県信用金庫を例にすると、平成19年10月1日から平成20年4月30日までの期間に教育ローンを申し込むと、店頭表示金利より年2.4%の優遇金利で融資を受けることができます。

店頭金利は、平成19年12月現在で年5.250%ですが、ここから2.4%優遇されるので、実質2.850%になります。この差は結構大きいですね。年2回、金利が見直される変動型金利で融資金額は1万円単位で1万円以上500万円まで。融資機関は6ヶ月単位で10年以内です。卒業予定月まで、金利返済のみにし、元金返済を据え置くことができます。担保と保証人は不要です。

埼玉県信用金庫融資条件は以下の通りです。(信用金庫によって違います)
・満20歳以上の方
・勤続年数(営業年数)が2年以上の方で、安定した収入が継続して見込める方
・社団法人しんきん保証基金の保証が受けられる方
・信用金庫の会員になれる方

なお、融資金は入学金や授業料、教材費、下宿代以外にも、受験費用や受験旅費にも使うことができます。
posted by roan at 14:05 | 銀行の教育ローン

りそな銀行の教育ローン

公的な教育ローンが条件的に厳しい場合、選択されるのが銀行など民間金融機関の教育ローンということになります。多くの銀行教育ローンは、無担保で連帯保証人は必要ありません。また、春の新入学前は金利の優遇キャンペーンを実施している所が多いようです。できれば金利が安いに越したことは無いので、銀行のキャンペーン時期はねらい目となります。

ここではりそな銀行教育ローンを紹介します。
大手銀行であるりそな銀行教育ローン無担保変動金利型です。

融資の条件は以下の通り。

・借入時に満20歳以上満66歳以下で、完済時に満75歳未満の方
・前年の税込み年収が200万円以上の方
・勤続年数、または営業年数が1年以上の方

融資金は幼稚園以上の教育費に利用が可能です。融資金額は1万円単位で、10万円から最大300万円以内となっており、返済期間は1年単位で10年以内です。子供の在学中の元金返済の据え置きが可能。返済方法は、毎月の元利金等返済とボーナス併用返済とができます。金利は、平成19年12月現在、年5.375%、他の大手銀行と比べると少し高めの設定です。連帯保証人は必要ありませんが、りそな銀行所定の保証会社の保証を受けます。また、団体信用生命保険の加入は必須ですが加入料はりそな銀行負担です。

埼玉りそな銀行はりそなグループの1つですが、平成19年11月1日から平成20年4月30日までの間、教育ローンの金利優遇キャンペーンを行っています。金利が年2.875%と、通常金利の1.5%の優遇を受けることができます。お申し込みはインターネットでも可能です。このようなキャンペーンを是非利用したいものです。
posted by roan at 13:46 | 銀行の教育ローン

三井住友銀行の教育ローン

三井住友銀行教育ローンについてまとめてみます。三井住友銀行は日本の三大メガバンクの1つで当然教育ローンも取り扱っています。三井住友銀行教育ローンには無担保型有担保型があります。

無担保型教育ローンは、融資可能額が1万円単位で10万円から最大300万円まで、融資期間は1ヶ月単位で、6ヶ月から14年です。有担保型の融資金額は10万円単位で50万円から3,000万円、融資期間は1ヶ月単位で1年から30年です。有担保型になると、金額も期間も大きくなります。

金利はどちらも変動型金利の教育ローンです。2007年12月15日現在、無担保型が、4.875%、有担保型が3.375%となっています。他のメガバンクに比べて少し低めのようです。ただ、どちらも変動金利型なので経済状況によって将来金利が高くなる可能性もあります。返済期間が短く済むような計画ができればいいですね。

返済方法は、無担保型、有担保型いずれも元利金等返済になりますが、子在学中に金利返済のみを行い、卒業後に元金返済を行う据え置きもできます。つまり、親子リレー返済ができるので、親の老後の蓄えを心配しなくて済みます。ただし、変更型金利ですので、あまり据え置きを長くしてしまうと、金利が高くなってしまうリスクはあります。

三井住友銀行教育ローンの連帯保証人は不要ですが、三井住友銀行指定の団体信用生命保険に加入が必要です。保険料は三井住友銀行の負担となっています。

また、三井住友銀行では、住宅ローンを利用していて返済が1年以上ある場合に、教育ローンの金利を優遇する制度があります。これは、「ライフイベントローン」という商品で、融資金の使い道は自由です。
金利は変動型金利で、年3.375%となっています。
posted by roan at 11:49 | 銀行の教育ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。