労働金庫の教育ローン

サラリーマンで会社の労働組合に加入していれば利用できる教育ローンがあります。全国の労働金庫(ろうきん)で扱っている教育ローンです。

中央労働金庫の教育ローンを例に取ると以下の通りです。

労働組合の組合員を対象した教育ローンですが、組合員でなくても貸付を受けることができます。融資金額は、団体会員の場合は最高1,000万円まで、団体会員でない場合は最高500万円までと、かなりの高額融資を受けることが可能です。

教育ローンの対象になる学校は、幼稚園から大学専門学校までのほとんどの学校で、入学金や授業料だけでなく、受験料や下宿などにかかる費用にも使えます。また、海外の6ヶ月以上の留学費用にも利用ができます。無担保で連帯保証人も不要ですが、労働金庫が指定する保証協会の保証が必要です。融資機関は最長10年、最長5年の元金返済据置期間をおくことができます。

金利は変動金利と固定金利のどちらかを選択します。変動金利型の場合は、団体会員が年1.775%、団体会員以外は年2.275%です。固定金利型の場合は、団体会員は年1.9%、団体会員以外は年2.4%です。(平成19年12月現在)いずれにしても、かなり有利な条件で借りることができます。

返済方法は3種類用意されています。
一般タイプは元利均等毎月返済か、元利金等毎月とボーナス併用返済。据置タイプは、在学中は利息のみの返済で、社会人になってから元利金の返済を開始します。そして、分割タイプは融資金を分割して受け取り、その間は利息だけを返済して、社会人になってから元利金の返済を開始するタイプです。
posted by roan at 15:55 | 公的な教育ローン

財形貯蓄で利用できる「がくゆうローン」

子供の教育にかかるお金は年々増える一方で、サラリーマンの収入は増える見込みがなかなかないのが現実です。がくゆうローンは、会社勤めで財形貯蓄をしていれば、利用できる教育ローンです。がくゆうローンは、財形貯蓄の残高に応じて進学資金、就学資金の融資を受けることができます。がくゆうローンの正式名称は「財形教育融資」といいます。

財形貯蓄とは、ご存知の通り、毎月の給料から天引きで積み立てる「勤労者財形形成貯蓄」のことです。これは、勤務先の企業がこの制度を導入している場合にのみ加入することができるので、勤務先に確認してみましょう。

がくゆうローンは独立行政法人雇用・能力開発機構が取り扱っています。融資の対象になる学校は、ほとんどの高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院、専門学校などと、海外の学校も対象になっていますので、留学費用にも使えます。そして、融資金は、入学金や就学にかかる学費の他にも、受験料や受験のためにかかる旅費にも利用でき、とても便利です。

がくゆうローンの融資額は、財形貯蓄の残高の5倍以内で、10万円以上450万円までの実際の必要額以内です。金利は平成19年12月現在、固定金利で年2.53%、返済期間は10年以内です。これは結構有利な条件ですね。ただし、連帯保証人が1人以上、もしくは、保証会社の保証が必要となっています。

がくゆうローンの申し込みは、業務取扱店の表示がある金融機関か都道府県センターで借入申込書を入手して記入の上、必要書類を揃えて申し込みます。申込は業務取扱店でもできます。
posted by roan at 15:26 | 公的な教育ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。